うつ病の原因とは

うつ病にかかるきっかけとは


うつ病を発病する原因は、医学的にみても、未だにはっきりした結論が出ていません。ですが、脳内の神経に問題が生じることや、様々なストレスが与えられることなど、複数の原因が重なった結果起こるのではないかといわれています。そこには、遺伝的要因、環境要因、身体的要因などが含まれます。遺伝的要因は家族や親族からわかりますが、環境要因は常に変わることがありますし、身体的要因も病気や身体機能の変化などによるといえます。そのため、うつ病には誰しもかかる可能性があるのです。 また、過度なストレスが原因で起こることも挙げられます。過度なストレスは、人によってそれぞれですが、親しい人の死や失業など、大きな変化を伴う時に生じやすいです。

うつ病になりやすいのはどのような人か


うつ病になりやすい人の特徴として、頑張りすぎや、ストレスを溜め込みがちということがあります。そのため、まじめであったり、責任感があったりと、周囲からの印象が良い人ほどうつ病になる可能性を秘めているといえます。そのため、自分のできる限界値をしっかりと知ったうえで、適度に肩の力を抜くことができることが大切です。 それから、プライベートな時間を大切にして、自分に適したストレス発散方法を実施できる人になりましょう。また、うつ病の発症は、男性よりも女性、若者よりも高齢者といわれています。その理由として、女性は月経や出産など女性的な要因による変化から、高齢者は死別や孤独感などうつ病になりやすい要因が多いからです。